top of page

2022~2024年研修委員会について

2022~2024年の研修委員会は次の通り研究テーマを設定しました。


(1) 研究テーマ:事務職員研修

    先進事例と全国調査の分析と考察、研修制度構築にかかる提案

(2)テーマ設定の背景

   教育事務を担う職として、事務職員の「職」に対する認識が高まっている。

   しかし、自治体の責務として経験や役職に応じた研修制度が構築され、役割の変化に

  呼応した改善を重ねている自治体は多くないと推測される。事務職員が学校事務を「つ

  かさどる職」としてその役割を発揮するための人材育成が行われることが必要であり、

  それには研修制度の構築と充実が不可欠であると考える。このようなことから、上記の

  テーマを設定する。

(3)今後の予定(2022.11.23時点)

 2022年・・第8回研究集会(岩手集会:2023年7月8日) に向けて

       三重県、新潟市の研修制度の実態、背景、経過、制度についてまとめる

 2023年・・第11回大会(千葉大会:2023年12月) 

       若しくは、第9回研究集会(時期・場所は未定)

       研修制度について課題提起を行う

       *都道府県、政令指定都市への調査を予定    

 2024年・・2024年12月 

       研修制度の充実に向けた提案を行う 



最新記事

すべて表示

日本教育事務学会 地域研究集会(余市集会)のお知らせとご案内

日本教育事務学会 地域総括  新 保 房 代 余市集会実行委員長 一町田 昌哉 初夏の候、会員の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて、日本教育事務学会では、3年ぶりに地域集会を開催することにいたしました。 内容は下記のとおりです。 開催地域のさらなる学びの場の拡がりを目的とし、初の学校開催といたします。夏休みの1日を北海道で学び、その後夏の北海道を満喫しませんか?お待

年報第11号への投稿論文募集のご案内

会員の皆様 年報編集委員会から年報第11号への投稿論文(「自由研究論文」「研究ノート」「実践レポート」)募集のご案内です。 年報第11号への投稿論文を募集します。以下に年報第11号への投稿募集要項及び投稿規程を掲載します。投稿申込み締め切りは5月15日です。また、論文の投稿締め切りは6月15日です。多くの皆様の投稿をお待ちしております。 <「論文の書き方講座」資料の送付について> 岩手研究集会及び

Comments


bottom of page